水の取りすぎにも要注意!「水中毒」

脱水症状も怖いのですが、過剰な水分摂取によって生じる「水中毒」も危険!

ご覧いただきありがとうございます。皆さん、夏の暑さ対策として、水分摂取や塩分摂取を積極的におこなっていますよね?でも、取りすぎてもだめなんです。塩分の過剰摂取はよくないこと知っている方が多いのですが、塩分が少なすぎて起こる「水中毒」について知らない方も多いと思いますので、ぜひ知っておいてください!

水中毒の症状は?

 

水中毒は血液中のナトリウム濃度(塩分の濃度)が低下し「低ナトリウム血症」という状態になります。主な症状としてはめまい、頭痛、下痢など悪化すると吐き気や嘔吐、呼吸困難など死に至る場合もあります。

 

 

水中毒」とはそもそもどんなもの?


過剰な水分摂取によって生じる中毒症状で、低ナトリウム血症の状態になっていることで、水に危険な毒素が含まれているというわけではなく、水を大量に飲むことで塩分が血液中に少なくなってしまっている状態。汗で塩分が出て行ってしまう熱中症と似ているようにも思えるが違うんです。熱中症も塩分が不足して起こるものですが・・・

 

 

熱中症とどこが違うの?


熱中症の場合は、発汗の結果、ナトリウムが汗と共に皮膚表面へ失われています。汗をなめると塩辛く感じますし、汗をかいてそのまま放置していると、皮膚に塩の結晶みたいな状態が見られます。その結果、血液内のナトリウムが不足する状態が起こります。
一方、水中毒の場合は従来の血液内のナトリウムは変わりませんが、水で薄められた結果
、低ナトリウム血症となるのです。

わかりやすく言えば味噌汁にただのお湯を入れれば、味、特に塩味が薄くなるでしょう。
汗をかいて、塩分が少なくなった状態に、さらに水だけを入れるというのはさらに薄めている結果となっているということです

 

 

水中毒予防には?

 

予防には経口補水液がススメです!

経口補水液は脱水症状だけでなく水中毒の対策としても推奨されています。人間の体液に近い成分で作られているので、水分と塩分、糖分がバランス良く摂取できるのでおすすめです!

 

水中毒を知っていることで予防ができるので、ぜひ知ってくださいね!

 

 

小田原市のケアセンターは小田原ケアセンター

小田原ケアセンター

TEL 0465-43-9746

住所  神奈川県小田原市栄町2-3-4美ゆ紀ビル3F

 

【受付時間】

月~金 11:00~21:00(最終受付20:00)

土曜日 11:00~18:00(最終受付17:00)

定休日 日曜・祝日

体に入れる食材を考えてみる
>> 続きを読む

箱根の散歩道
>> 続きを読む

更年期に起こる体の不調とは?
>> 続きを読む


【住所】

神奈川県小田原市栄町2-3-4 美ゆ紀ビル3F

【電話番号】

0465-43-9746

【メールでのお問い合わせ】

お問い合わせフォームへ

【営業時間】

月~金 11:00~21:00(20:00最終受付)

土曜日 11:00~18:00(17:00最終受付)

日曜日・祝日 定休日

【予約優先制】

お電話・メールLINE@からご予約下さい。

 

 

【よくある症状例】

頭痛・肩こり・腰痛・肩痛・膝痛・捻挫

寝違え・ぎっくり腰・手足のしびれ

オスグッド病・ジャンパー膝などの成長痛 

 

 

【小田原接骨院 受付時間】

平日 11:00~21:00(最終受付20:00)

土曜 11:00~18:00(最終受付17:00)

日曜・祝日 定休日

【小田原接骨院 電話番号】

0465-43-9745

【交通事故治療(小田原接骨院併設)】

交通事故によるケガ、痛みの治療は併設する接骨院で受ける事が出来ます!

 

むちうち、肩や腰の痛み、手足のしびれ、捻挫、うちみなども対応致します。

【出張施術受付中】

小田原、南足柄、山北町、松田町、中井町、大井町、開成町、箱根町、真鶴町、湯河原町それ以外の地域でもご相談ください。