あれ?痛い!突然痛くなる足の裏

今回は、突然痛くなる足の裏についてです。

一度痛くなると、なかなか改善しないとお困りの方も多いので、理解するためにこちらの記事をご覧ください。


「突然、痛くなる足の裏側」

 

ある日、突然いたくなる足の裏の痛み。特に何かした覚えもないのに痛い。整形外科に行くと、「足底腱膜炎」と診断されて、湿布や土踏まずの部分のサポーターを付けられる始末。

 

改善するためには、自分の体がどうなっているのかしっかりと理解することが、実はとても大切です。

「足の骨の構造はどうなっているのか」

足の骨ってどうなっているのか見たことはありますか?足の骨の構造はとても精密でうまくできているんですよ!

横から左足を横から見るとこのような形をしています。

 

足の骨の並びは、弓なりに構成されているのです。

 

ここでカンが鋭い方は、橋の構造と似てるなと思ったのではないでしょうか?

足のアーチと構造が似ていませんか?

 

このアーチ部分がしっかりと機能していることで足に掛かる負担を分散させ、一部分にだけ負担が掛らず、好きなように動くことができるのです。

 

一方でアーチが潰れてしまい、まっすぐになってしまうと負担が常にその部分に加わるので、痛みはどんどん強くなります。

負担が常に加わるということは、その部分を使い過ぎているということ。

使い過ぎている部分をマッサージしても意味はほとんどなく、むしろ悪化させることに繋がる可能性があります。

適切な対処をしないと痛みは慢性化してしまいますよ。

「ここに負担が蓄積して痛みが出る」

足がまっすぐになってしまうと、気付かぬうちにここに負担が掛ってしまいます。

最初はなんとか体も耐えてくれるのですが、突然痛くなる理由もここにあるのです。すでにこのような状態になってしまっている場合、骨格の調整と筋肉の調整をテーピングと手技を使います。更になぜそうなってしまったのかその原因までしっかりと施術で進めていきます。

「自分の足裏をチェック!ここにも負担痕!」

足裏の痛みのある部分にフォーカスするのではなく、足裏の皮膚にも注目してみましょう。

自分の足の裏を確認してみると、足裏にタコになっている箇所や角質が厚くなってる部分はありませんか?

 

これは、その部分に【繰り返し負担が掛ってしまっている】ことを意味します。

 

足全体は広いのに、その部分にだけ異常なまでに負担が掛っているので、タコや角質で皮膚を厚くし、体に掛かる衝撃を少しでも和らげようとしているのです。

 

体は少しでも負担を減らそうとしているのに、それを無視して体を見つめ直さないって、いつか無理が来ることは容易に想像できるはず。

「予防のための足裏セルフケア」

私がお勧めするのは、シーサンです。

こちらをお勧めする理由として、【鼻緒】が付いていることです。

 

鼻緒があることで、足の指を使う習慣が自然と身に付きます。指が使えるようになれば、少しずつアーチができるようになります。痛みが改善するばかりではなく、体の姿勢も整えることができるのです。嬉しいことだらけです~!

 

よし!履いてみようと思った方!ちょっと待ってください!注意点があります!

鼻緒が付いていることで、足の指で鼻緒を掴まないと脱げやすかったり、指の間が痛くなることがあります!

足の間に痛みがあっては習慣にすることができないので、最初は袋型の靴下を履いたりして痛みを緩和させる工夫をしてみて下さいね!

足裏が痛くなってしまう主な理由を記事にさせていただきました。

 

ぜひ、ご自身の体が今どのようになっているのか確認してみて下さいね。詳しく知りたい方はコメントに「興味あり」とお知らせくださいね!

ODAWARAケアセンター 荒井亨太

小田原市のケアセンターは小田原ケアセンター

小田原ケアセンター

TEL 0465-43-9746

住所  神奈川県小田原市栄町2-3-4美ゆ紀ビル3F

 

【受付時間】

月~金 11:00~21:00(最終受付20:00)

土曜日 11:00~18:00(最終受付17:00)

定休日 日曜・祝日

体に入れる食材を考えてみる
>> 続きを読む

箱根の散歩道
>> 続きを読む

更年期に起こる体の不調とは?
>> 続きを読む


【住所】

神奈川県小田原市栄町2-3-4 美ゆ紀ビル3F

【電話番号】

0465-43-9746

【メールでのお問い合わせ】

お問い合わせフォームへ

【営業時間】

月~金 11:00~21:00(20:00最終受付)

土曜日 11:00~18:00(17:00最終受付)

日曜日・祝日 定休日

【予約優先制】

お電話・メールLINE@からご予約下さい。

 

 

【よくある症状例】

頭痛・肩こり・腰痛・肩痛・膝痛・捻挫

寝違え・ぎっくり腰・手足のしびれ

オスグッド病・ジャンパー膝などの成長痛 

 

 

【小田原接骨院 受付時間】

平日 11:00~21:00(最終受付20:00)

土曜 11:00~18:00(最終受付17:00)

日曜・祝日 定休日

【小田原接骨院 電話番号】

0465-43-9745

【交通事故治療(小田原接骨院併設)】

交通事故によるケガ、痛みの治療は併設する接骨院で受ける事が出来ます!

 

むちうち、肩や腰の痛み、手足のしびれ、捻挫、うちみなども対応致します。

【出張施術受付中】

小田原、南足柄、山北町、松田町、中井町、大井町、開成町、箱根町、真鶴町、湯河原町それ以外の地域でもご相談ください。